忍者ブログ
現代社会をシミュレーションした小説を書いております。
[15] [14] [13] [12] [11] [10] [9] [8] [7] [6] [5]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「どうにもこうにもなるまい事態だな」
 スパンダム・グロリアは沈黙している。クレアモントキャピタルホールディングスのグレミー・トト社長は困っていた。このままでは会社の債務超過は避けられないからだ。
「現状は一息空気をついたところですが…」
「そうともいえない。なぜなら迂回融資を受けたに過ぎないからだ」
「まさか!?出資還元をやったというのですか!?」 
「そうだ。そうでもしなければどうにもなるまい」 
「会長、それは止めるべきです!」 
「会社の維持には手段は選ばない。それが従業員への責任というものではないか」 
「ですが、出資法に違反しているんですよ。今は法令順守にうるさいではないですか」 
「俺も失敗したよ。まさか、南米のサブプライムローンが焦げ付こうとは…。資本繰りには手当てをしたつもりだったがスイスユナイテッド銀行とマルセイユ証券が赤字に転落しようとは…。イギリスユナイテッド銀行の株主の大英鉄道や最大手流通業のエクセラの警告が正しかったようだな」
 そこへ秘書がメモを差し出す。 
「分かった、グレミー、俺に来客があるようだ。しばらくここにいてくれ」 
「かしこまりました」  

「スパンダム君、相当苦しいようだな」 
「先生こそ、かなり無理をされているようで…。ガンの闘病でここまで苦しむとは…」 
「ふん、身から出たさびにしか過ぎないさ」
 苦笑するビアス教授。彼は末期がんだが、ある薬の実験台になっていた。その薬は抗がん剤としては画期的なものであり、がん細胞そのものをがん細胞に食べさせてそのがん細胞を自己破壊させる仕組みの新薬である。ビアスはその薬の開発に全力を注いでいたのだった。 だから、塔和大学長になる必要があったのだった。だが、それも崩壊してしまった以上、自身の体で実証するより道はない。 
「ロンは油断がならない。気をつけたまえ」 
「まさか、ツバロフの野郎と組んでいるとは…。あいつは強いロシアを求めるあまり過激な事ばかりしでかす危険な政治家ですよ」 
「私のほうから匿名でGINに告発した。後は高野広志がどう動くか…」 
「そりゃ先生、動きますぜ。俺達を見捨てた卑怯者が今ほとんどGINの射程距離に入ったようですぜ」 
「だといいのだがな…。スパンダム君、君も覚悟したまえ」 
「もうできていますぜ、先生。まさかこんな不良債権に頭を抱えるとは予想だにしませんでしたぜ」
 

「ああ…、何という事になってしまった…」
 グレミー・トトは嘆いていた。注文は厳しかったが頑張りを認めてくれていたハマーン・カーンが懐かしい。その彼女は関東連合の経済産業大臣に就任している。できるのなら彼女の秘書に戻りたいのが今の彼の望みだった。 
「トト社長、お電話です」 
「誰からだ」 
「ジュドー・アーシタ様からです」 
「分かった」
 秘書にうなづくとグレミーは受話器を取る。
「もしもし、グレミー、元気か」 
「君は相変わらずだな。私は相変わらず胃が毎日キリキリしている」 
「そりゃそうだ。人様から預かった金を一銭足りとても減らせず増やさなければならないんだからね」 
「それで、以前君はGINと関係があると話していたね」 
「ああ?高野CEO知ってるよ。最近ではGINとゴリラの幹部のメッセンジャーやってるから。仕事の内容はしゃべれないけど」
 その瞬間グレミーの顔に生気が少し戻ってきた。 
「今度日本にいったん戻る。その際に話さなければならない事があるから、高野CEOとアポを取ってくれないか」 
「いいぜ。グレミーの頼みならいくらでも」 
「助かった。頼む、これは一人の男の問題ではない、大きな組織の運命がかかっている」 
「オーバーな言い方だな。まあ、任せとけって!」  


「何だかきな臭い話があるらしいな、そのクレアモントキャピタルには」
 広志はジュドーからの話を聞いてつぶやく。 
「グレミーの奴、元気じゃないのが気になったんだ。あのスパンダムが会長だからろくな経営をしていないんじゃないのか」 
「いや、スパンダムは狡猾だ。CP9の失敗から慎重に経営をしていて、ハイエナファンドを乗っ取って大きな収益を上げたのがつい最近だったし、インドユナイテッド銀行が最近ではロシアの中堅銀行を買収するなどアクセルを踏みつつ本体は無理をしていなかったが、マルセイユ証券とスイスユナイテッド銀行が買収・合併前に手がけていた南米サブプライムローンでこけたらしいからな。イギリスに行った際に面会しよう」 
「それとさ、ヒロ。ツバロフが気になるんだよね」 
「ああ、最近俺のところに告発文が届けられているほか、イギリスのフレア首相からも奴に関する情報が集まっている」 
「まさか、たった600億円ぽっちの為に人を殺すなんて、信じられない男ですね」
 呆れ果てているのは神戸美和子。ゴリラ東京中央署警部補にして、『ゴリラの女ブルース・ウェイン』と言われるほどの切れ者経営者である。捜査のたびに祖父喜久右衛門に頼んで会社を立ち上げたり買収したりして、その売り上げは神戸家の金庫に入りきれなくなるほどなのだ。最近では定時で帰るために『ゴリラのドロンジョ』とまで言われている。渋い表情のジュドー。 
「あんたの金の概念はトイレに流す水としか思ってないでしょうが!少しはヒロを見習ってくださいよ」 
「落ち着いて、ジュドー。とにかく、油断は出来ない連中ですね」 
「全くじゃ、陣内君。高野CEO、それにしてもおぬしは相当なけちじゃな」
 呆れ顔の一代で巨万の富を築いた大富豪、神戸喜久右衛門である。広志はイギリス・スコットランド王室がスポンサーなのだが、それでも気を使って派手な金遣いはしない。それに対して神戸は孫の美和子が財産を使って悪党を捕まえる事を何よりも望んでいて、高い収入には渋い表情でもある。だが最近では広志の勧めもあってアフリカで金融業をはじめて遣り甲斐のある顔になっていた。陣内美奈子が立ち会っている。あの久利生公平が呆れ顔だ。 
「ヒロ、あんたってかなりけちだよね。セレブになってもリサイクルショップで買い物したり引越業者から壊れた家具をもらって修理して使うなんてけちだよ。この部屋なんかほぼリサイクル家具ばかりじゃないか。通販でも使えばいいじゃん」 
「通販でも金がかかる。今俺が使っている机や椅子は昔あった工場が廃業した時に4トントラックで乗り込んで譲渡してもらったものに手を加えた。後は引越業者から引き取ったものに壊れた部品を交換してみたくれをなおしてからそっくりそのまま使っているさ。まあ、俺のところがけちというなら、デジタルキャピタルなんか鉛筆一本買うたびに見積書を出させているようだしな」 
「ドけち!」 
「ボス、あのヘルヴィタですがロンと接触しているほか、ロードと言われる武器商人に接触しているようです」 
「そうか。薫よ、気をくれぐれも抜くな。奴らはいずれも始末に負えないテロリストだから」 
「承知の上。ボス、奴らの手に万が一人工衛星があれば、最悪です」
 シャーセは毒ガステロ、エドヴァルドは爆弾テロ、ボルベアはテロ作戦の細部を組み立てる軍師、辣腕スナイパーでミッション実行責任者のグンネルスの四人でヘルヴィタは構成され、地元ノルウェーでは下院議長が射殺され、周辺の車が爆破されたテロ事件で悪名を轟かせている。しかもハッキングにも強いのだ。 日向咲はゾッとしている。ヘルヴィタとなると普段温厚な広志が厳しい表情になる。それほどの敵なのだ。しかも最近では猛毒まで持っていることが判明したのだ。 
「日向、君の優秀な身体能力を次のミッションで生かしてもらう。君はアクロバットやフリークライミングが得意だからな。霧生姉妹も重要なポジションを受け持ってもらう。私は闇に慣れていないからな。美翔、君は頭で貢献してもらうぞ」 
「あのDMCを木っ端微塵にするんですね。やります!!」 
「ゴリラからも共同作戦でロン確保を頼まれている。私は引き受ける事にした。やろう、不幸な魂を救うべく!!」
 美翔舞が広志の声に力強くうなづく。暗闇の中での作業に優れている霧生薫は目を閉じた。パソコンシステムの構築をしていた霧生満も目を輝かせる。 
「絶対にクルークに負けたくありませんから」  


「嶋社長、クルークの改良は現在サービス面で進んでいます」 
「うん、分かったよ。今度中込さんが『ソード』を買収して参入するけど、気を抜かないでね」
 秋葉原の昔パチンコ屋があったビル。今は検索エンジン最大手でアメリカに最近進出した『アキハバラ@DEEP』の本社ビルである。一階はカフェ『あかねちん』が入っているおしゃれなビルである。今度社名を『クルーク』に変更するのだが、嶋浩志は明るい表情でスーパーコンピュータを眺めていた。 このスーパーコンピュータを贈ってくれたのがデジタルキャピタルの中込威社長である。フリーソフトで梅湯というファイル交換ツールの開発の時から前々から知り合っていた彼は個人的に科学アカデミアの人材を派遣するなど検索エンジン事業を応援してくれた。 今では派遣会社の廃業に目を向けてコンピューターエンジニアの人材を正社員として確保するなど強化している。今度デジタルキャピタルはアメリカ大手の検索エンジンの『ソード』を買収して参入するのだが、ソードはディレクトリ状態になっているため競争しにくい。 インド系日本人の取締役アジタ・ベーラッティプッタがインド人技術者をどんどんクルークに投入しているから検索エンジンの能力は飛躍的に進化している。ジョリー・ジョンソンがアメリカやイギリスに会社を立ち上げて検索エンジン事業を始め、これまた好調である。そして中込に勧められて移籍したのが嶋の元ハッカー仲間のアヤタであった。 
「ページ、あの会社との提携成功したぞ」
 牛久昇(愛称ダルマ、32歳の元引きこもり)が駆けつける。彼は営業や提携交渉に強い。 
「日刊京都と提携できれば、全国紙に肩を並べられるよ。さすがだ」 
「後は俺らの仕事だな」
 ボックス(本名:宮前定継)がニヤリとする。彼は極度の潔癖症・女性恐怖症で、手術用手袋をいつも3枚重ねで着用しておりチームのグラフィック担当である。その彼とコンビをくむのが最年少の16歳のハッカーであるイズム(本名:清瀬泉虫)である。クルークの原点である自動応答システムも作成したのは彼女だったのである。彼女は後にボックスの妻になるのだが、それは蛇足である。 
「ページ、次は何を投入するんだ」 
「日刊京都と提携したら、次はNTBと組むよ。旅行の情報も必要だしね」 
「おい、ここにいたのかよ。勘弁してよ」 
「ごめん、タイコ」
 技術者の方南駆がボヤく。パソコンの修理ならあっさりこなせるが点滅する光などを見たら瞬間的に硬直の発作が起きてしまう。絶対音感と揺るぎないリズムの持ち主だ。半沢航という学者の元に出入りしているのだ。にやりとするのは中込。
「個人的にここにきたぜ」
「提携の話ですよね。ディレクトリで検索結果がなければ僕らが引き受けるという話ですね」
「悪くないな。勇介に頼まれては断れない」
 今はクルークの正社員になった派遣プログラマースタッフ10人は星博士が中込からの要請で選抜した。ただし、中込は本人だと悟られないように星博士の研究施設『スペースアカデミア』に寄付をしたように見せかけた。ただ、星博士の話を聞いた天宮勇介が親戚のページに明かした事でバレてしまった。ちなみに勇介の友人なのが中込のフィアンセである加藤ユイである。
「飯塚秀雄は今度マンションを買うようだ。支援を考えようか」
「いいですね。あおい銀行の井伊部長に話をしましょう。人を集めるのにいい」
「大盤振る舞いにもほどほどがありますからね」
 総務の渡会フジ子が苦言を呈する。 
「働く環境を変えなくちゃ、人はよくなれませんよ」 
「ユイさん!」
 ユイと呼ばれ慕われている千川結がいう。29歳の彼女は中込がフィギュアコレクション収集家であると知っており、管理に協力している。ミリタリーマニアである嶋の妻でもあるアキラと一緒に買い物をして戻ってきたのだ。     
「シシーさんとの打ち合わせはどう?」 
「バッチリよ!!」  


「涼宮先生、外客です」
 秘書が入ってくる。 
「そう、で誰?」 
「GINの高野広志CEOです」 
「何でそんな奴が来ているのよ!用事があるから会えないって伝えて」 
「ところが相手は予定表まで把握していて無理です」 
「もう、どこから情報が漏れるのよ!?」
 ハルヒはため息をつく。これもあのコンピューター業者が新しいパソコンを入れてからおかしくなり始めている。ハルヒは知らなかったが、広志の策で架空の会社ガンツコンピューターがただでパソコンを寄付するという話を持ち込み、ハルヒとサウザーのパソコンを交換して自動的に情報漏洩をさせていたのだった。
 
「そうですか、あなたは納得できないのですね」 
「当たり前よ!!どうしてあんたがここに来るのよ!?」 
「我々は今回、壬生国をめぐる混乱で様々な情報を入手し、調べさせていただいた結果、あまりにも疑いを晴らすには納得できない情報が集まりました。その中であなたには説明を伺いたくここに参ったのですが」
 広志の粘っこい表情にハルヒは戸惑っている。 
「あんたの信頼しているのはあのデマ雑誌?信じられない!」 
「ところがそうとも言えないんですね。週刊北斗の報道を裏付ける証拠が次々と揃っているんです。あなたがそれを打ち消すにふさわしい説明を私は求めているんです」 
「だから、あのデマ雑誌が嘘なのよ!!あんたなんか嫌い、帰って」 
「仕方がありませんな。ですが、我々が動き出したらもう、終わりですよ。今まで権力を私物化してきた悪党がことごとく逮捕され、全資産没収と最低でも懲役10年、最悪でも終身禁固刑が待ち受けているという事をお忘れなきように」
 広志は突き放して帰って行く。 
「まずい、サウザー先生に報告しなくちゃ…」
 ハルヒは議員事務所の内線電話でサウザーに話し始める。だが、これもGINがあの盗聴も可能の人工衛星「マトリックス」で把握しているとは予想もしなかった。

 「おお、高野CEOですか」
 銚子の江戸前銚子ホールディングス本社前。駐車場に車を止めて広志が現れた。玄関を掃除していた三島正人社長は驚いている。東証一部なのにこじんまりとしたビルなのだ。 
「天道総司料理長のプロデュースした和食レストランは好調ですね」 
「今は試食会ですよ。よかったらいかがですか」 
「割り勘ならお受けします。ところで、あなたに用事があるのはほかならぬあの疑惑です。あの禍々しい料亭にあなた方以外に誰がいましたか」 
「私と根岸以外にサウザーとハルヒ、スパンダムとブルーノ、喪黒前社長がいましたね。その時にスパンダムがサウザーとハルヒにCP9の株式を譲渡すると約束し、それからは分かりませんが」 
「なるほどね。どうにもこうにも」 
「涼宮は相当なくせ者じゃよ。ご用心あるのみじゃ」
 そこへ現れたのは額に傷がある老人だ。下駄に作業衣をまとっている。 
「吉良顧問、お久しぶりです」 
「君は相変わらず真面目じゃな。48人の部下達が憧れるのも無理はあるまい」 
「前の豊平社長が相当無能だったのでしょう。M資金なんてふつう引っかかりにくいじゃないですか」 
「いや、あの御木本が狡猾だった事につきるのじゃ。まあ、浅野君がしっかり再建に向けてがんばっているではないか」 
「やはり、組織は人。それにつきますね」
 銚子鉄道の近代化工事は線路の交換や電圧の昇圧、車両の交換やATCの導入や駅の統合などがメインだった。徹底的に工事をしている間、代行バスで銚子ツアーを行っていた。そこにレストランなどを絡めたりしたのだ。廃止となった駅の跡地にはレストランを次々と入れた。


 一方、オーブでは…。 
「国王陛下、いかがでしょうか。これで更に経費は削減されます」 
「あなたはそこまでしてコスト削減にこだわるんですか!?」
 驚きを隠せないキラ。ムルタ・アズラエル厚生労働相は自身の給料を大幅にカットし、日割り給料にすべく提案をしていた。アズラエル家もかなり節約しており、他国の引越業者から出た不要家具を修理して使うなどドケチぶりを発揮していた。故にオーブにはゴミという言葉は少ない。イザーク・ジュール将軍がたじろぐ。 
「貴様がそこまでやるなら、俺もやらねばなるまい」 
「ジュール将軍は不要です。国防費はこれで一定額維持できましょう」 
「運搬設備の共用化は必要だな。私もアズラエル大臣の提案に乗りましょう」
 ギルバート・デュランダル議長がつぶやく。会話している彼らにメイドがワインの入ったボトルを持ってくる。だが、このワインは冷えているがワイナリーからのものではなかった。一礼して立ち去るメイド。 
「では、乾杯といきましょうか。あれ?」
「どうしたの、ヒルデ」
 キラが聞く。ラクスも顔色を変える。 
「陛下、このワインですが色が微妙におかしいですよ。しかも、コルクが細工されたあともあります」 
「何だって?おい、これはどうなってるんだ」
 国王親衛隊のリーダーを務めるオルガ・サブナックが驚く。国王専属の医者でもあるブレア・フラガがすぐに駆けつける。クロト・ブエルが指示を出す。 
「俺の毒見杯を用意するんだ!この酒を持ってきたのは一体誰だ!?」

 パメラ・リリアン・アイズリーはその瞬間、びっくりした。
----毒薬の仕掛けがばれた!?まずい!!
 すぐにバイクめがけて駆け出す。異変に気がついた男がすぐに反応する。セイラン一族の継承者に決まっているアウルである。 
「待て!おい、誰かあのアバズレを捕まえろ!!」
 国王親衛隊のシャニ・アンドラスが怒鳴りながらパメラを捕まえるべく走り出す。 
「手前なんか即撃滅!覚悟しろ!!」 
「全く、あの女は逃げ足が速い!俺の軽乗用車を使え!」 
「サンキュ、ミゲル!」 
「国王公邸周囲の警備を強化するんだ!」
 国王親衛隊の警備部門の責任者を務めるラスティ・マッケンジーが指示を出す。自身の妻ミーアがラクス妃の影武者を務めているため、怒りも半端ないほどだ。ミゲル・アイマンから鍵を受け取ったシャニは車に飛び乗る。 
「待て、このアバズレが!」 
「俺もついていく!」
 アルベルト・ハインリヒが助手席に乗り込む。異変に気がついたメイリン・バスターク、シホ・ジュール(イザークの妻)が後方座席に乗り込む。

----しつこい、あいつらを何とか振り切ってあの合流地点に急がなくちゃ…!!
 パメラは焦ってバイクを飛ばしていた。その光景を上空のヘリコプターで見ていた女がいた。冷たい表情で女はカードを破り捨てる。 
「利用価値は案外なかったわね…。まあ、いいわ。毒薬の知識やノウハウは全て手にした事だし、後はこれね。ドワイヤー、始末しなさい!」 
「ぎなじんざま、がじごまりまじだ」
 ドワイヤーは時限発火装置のスイッチを押す。この時限発火装置はバイクのガソリンタンクにつけられており、交通渋滞の車を巻き込んで凄まじい発火を引き起こす。 
「フフフ、ヘルヴィタと接触して好感触だったし、後はダークギースのグリーンベレー部隊育成でも見ておきましょう」
 ヘリコプターは上空から去っていく。そして、3分後にパメラの乗っていたバイクから発火し、周辺の車を巻き込んで大火災になってしまった。  

「何!?大火災がオーブで発生しただと!?しかもキラに出されたワインに猛毒のゲルセミウムエレガンスが仕掛けられていただと!」
 毒草名ゲルセミウム・エレガンス(別名冶葛(ヤカツ)、胡蔓藤(コマントウ)、鉤吻(コウフン))とはマチン科ゲルセミウム属、つる性常緑低木で全草、根、若葉に成分としてゲルセミン(Gelsemine)、ゲルセミシン(Gelsemicine)、ゲルセジン(Gelsedine)、コウミン(koumine)、ゲルセベリン(Gelseverine)、フマンテニリン(humantenirine)が含まれ、症状として眩暈、嘔吐、呼吸麻痺で最悪の場合致死量は極めて高い。あのトリカブトですらも恐れたじろぐ毒薬である(猛毒の基準は致死量5mg以下。青酸カリは4.4mg、トリカブトは0.116mg。そしてエレガンスに含まれるゲルセミシンという成分の致死量は0.05mg。青酸カリの80倍効く)。 しかもほこりよりも軽いのだ。それ故に日本では輸入は禁じられている。 広志は厳しい表情になった。この前の小樽でのテロ事件の直後にキラの毒殺未遂、さらには25人が犠牲になった大火災だ。厳しい表情で風見シズカは広志の鬼の表情を見つめていた。追跡者四人は軽傷で済んだが、あまりの犠牲者の数にショックを受けていた。 
「CEO、これは間違いなくメビウスの仕業です!共通点はいずれもエズフィトの和解工作の仲介者が狙われている事です」 
「いや、そうともいえない。なぜならロシアンマフィアが絡んでいたのが俺のテロ事件だった。だが、いずれにせよ関係はないともいえない。風見、君は夫であるシュウザ記者と連携してメビウスの周辺を調べてくれ!スチールバット、二代目月光はDMCのコンサートでおきた殺人事件で忙しいからだ」 
「高野CEO、間違いなくあの殺人事件はロンが絡んでおるはずじゃ。油断は禁物ですぞ」 
「先代、あなたの指摘どおりだ。あなたには私のテロ未遂事件で動いてもらい申し訳ない」
 年を取った老人がいう。彼こそが先代月光なのである。その彼の前にいる少女達。ウルフライが切り出す。 
「さて、君達にはここまで御労足をいただき申し訳がない。イヴァン・ニルギースプロデューサーから話はザッと伺っているだろうね」 
「私達をロンが利用していたんですね」
 元気をすっかりなくした少女。彼女は倉田 紗南(くらた さな)といい、劇団こまわり所属のタレントだ。演技力には定評がある。 
「マーズD&D、前の名前はリブゲートデジタルメディア。喪黒福造が買収した休眠会社であるサウンドクリエイティヴが原型でね。奴は脱税に使うと用が済んだのでカナダの検索エンジン中堅を乗っ取った。そして君はロンや喪黒の強欲のおもちゃにされていた。君は言い訳なんかしていないが、運が悪かったのさ」 
「どうすべきでしょうか。このままではやりたい放題になってしまいます」
 紗南の養母で人気作家の倉田 実紗子(くらた みさこ)がいう。 
「戦うしかないでしょう。このままではあなたはロンのマリオネットになってしまう。ロンは様々な場所で狡猾な手法で多くの人を地獄に巻き込んでいる。あなたは、ロンの手法を作家として告発するやり方がある」 
「それなら、俺もやりますよ。紗南のおかげで家族との溝を消せたんです。今度は俺がやりますよ」
 紗南の恋人である羽山 秋人(はやま あきと)がいう。素直に「好き」と言うのが苦手な不器用な性格だ。父冬騎(ふゆき)譲りのコンピューターソフト作成の達人なのだ。更に姉夏美(なつみ)は紗南の協力を得て女優の来海 麻子(くるみ あさこ)のブログやポットラジオなどインターネットラジオ局を自前で開設している。麻子は紗南のマネージャーの相模 玲(さがみ れい)と交際しているのだ。 
「よし、反撃開始だ!」 
「紗南さん、君は一人で戦っていたな…。だが、これからはみんなが味方だ。私も君の味方だ」
 イヴァンは電話をかけていたがきると、ニヤリとした。  
「君の実母や異父妹の保護も完了した。安心しろ」
「CEO、財前さんがまたやってくれましたよ」
 良太郎が呆れながら入ってくる。領収書を見て呆れる広志。 
「中古のコンコルドを買ってきたわけか。リースでもやらんがな…」
 

「この木偶の坊!」
 エミリーの激怒だ。一同揃って頭が上がらない。 
「せっかく奮発したのにパメラはヤマト国王暗殺に失敗、クロック・キングは狙撃に失敗して一人はパクられてどう言うわけ?」 
「エミリー様、原因は真の軍師不在と言うことにつきます。確かに私達もそれなりに動きますが、相手はそれすら予測して起きたらつぶせるからです。山本軍師では役不足です」
 メアリージェーン・デルシャフトがいう。 
「何を言うのよ、あんたが役立たずだからよ!」 
「待て、とにかくあの高野広志は相当強かだと分かった。次の手を打たねばなるまい」 
「僕ちゃん達で一人拉致りましょうか」 
「ステビンス、いいアイデアじゃないか。まあ、こっちは一人裏切り者を手にしたからな。白鷺杜夢でも拉致っちまおうぜ」 
「そう、じゃあダークギースのあんたに任せたわよ」
 浅倉はニヤリとした。 
「後は手足が必要でしょう。私はゼーラからのスカウト活動は必要だと思います」
ーーーーふん、どちらが木偶の坊かね
 闇のヤイバは沈黙している。この男の野望が一つの国であることはいうまでもなかった。  


「マードックは金融業に一本化したリブゲートからショーの権利を独占する検索エンジン子会社のデジタルメディアを買収する一方、デスレコードの江崎社長をイカサマ博打でハメて借金漬けにして株式を乗っ取った。借金の実体も言いがかりや因縁ばかりだ。一応、奴らの元に黒い手帳は戻しておいた。ただし、原本はこっちのモノだがな」
 広志の説明に日向咲が厳しい表情になる。 
「じゃあ、DMCと対戦するんですね。誰が相手になるんですか」 
「私です。相棒と紗南ちゃんも加わってくれました。ロンと小田霧は会場に来ると思います」
 月島きらりがいう。 
「後は奴らに俺達で突っ込んで救出してメインのフーリガンを挙げるだけだ。おそらく、君の言うようにマードックのロン社長もいる。奴らには黒い手帳を偽物ではあるが戻した。それで今回会談するのだろう。ゴリラと特強にも応援してもらう。ミキストリとチルドレンにエズフィトのアイアンエンジェルスの統合体が加わったREADが今回どう機能するかだがな」 
「デスレコードはDMC以外の所属アーティストをクルークのレコード子会社が社員ごと引き抜いた。残るは時間の問題だろう。江崎社長はシシーが後見人になって自己破産してその後に営業職として合流するよう手はずをかけた」 
「では、会場はどうしますか」 
「奴らがこの前やった場所で大々的に終わらせようではないか」 
「なるほど、ではほかには誰が突撃に入りますか」 
「俺の親友には呼びかけてほぼ参加してくれる。後はKIVAクルーやゴリラ、特強、READにも入ってもらうさ。ついでに、あのスカポンタン占い屋も一丁上がりにしてやろう」 
「そいつは俺にやらせて下さい、CEO」
 伊達がにやりと笑う。 
「よし、君に任せる。逮捕状は急いで請求するんだ」
 そこへ良太郎がメモを持って入ってくる。 
「ほう…、株主には騙せなかったようだな。見てみろ」 
「マードックのラグジュミ社との合併承認が否決されて新しい経営陣が新たな条件も含めて交渉すると表明、じゃあロン社長はどうなったんですか」 
「おそらく、会長職に祭り上げられたのだろう。リタル会長もびっくりしているだろう」
 
 一方、とある空港跡地に集まる人影がいた。その中には金髪の男からアフリカンまでいる。何故か中学生までいる。 
「父さん、全員揃ったよ」 
「分かった。では、READの結団式を始めよう」
 鋭い目つきの男がうなづく。国連軍直属の実行部隊としてミキストリとチルドレンは統合され、アイアンエンジェルスと統合し、エズフィトに軍事育成部門を設置してREADが誕生した。エドガー・ラディゲ顧問は相変わらずのトップだが、実行部隊の責任者として鬼哭霊輝(きこく れいき)を選任した。国連軍で智に長けた戦略家として知られる。エズフィトの特務隊を率いるのは速攻の名手とうたわれるベリアルである。 
「私はベリアルだ。エズフィトの新兵訓練所総監を務めるベルゼバブは私の姉だ。君達を信頼する」 
「チームドラゴンの戦部ワタルです。中途半端ですけど、宜しく御願いします」
 戦部ワタルが明るい声で言う。同級生のユミ、俊と一緒にエズフィト軍に志願したのだ。セーラー服の中学生がキャハキャハ笑い出す。忍部ヒミコで能天気だが決して侮れない諜報能力を秘めている。その彼女に肘でつついたのが一家が軍人でありワタル達の師匠でもある剣部シバラクだ。
 「鳥人」渡部クラマは日本連合空軍から移籍してきたエースパイロットだ。辰巳虎之介はワタルの良きライバルにして親友であり、チームドラゴンのサブリーダーだ。ヒミコとは相思相愛の間柄である。 霊輝にそっくりな青年が立ち上がる。彼は霊輝と妻智子の間に生まれた鬼哭霊麒(きこく れいき)である。自身も最近幼なじみの竜子と結婚している。広東人民共和国から亡命してエズフィト軍の一員になった厘利盈、日本連合共和国の軍本部でマネジメントをしていた飯島沙麗央(サレオル)、彼女のフィアンセで水軍出身の大楠有光が厳しい表情だ。 オーブから加入したのはフレイ・ル・クルーゼの親友のジェミニー・マリガンだ。判断眼の鋭いヴァルキューレというあだ名がある。ストイックな僧侶で知られるロクサーヌや闘争心の強い僧兵である鬼哭密桜と一緒に来ている。
「我らが任務はマーク・ロンの確保支援だ。用心して事を進めよ」

「来ました、奴が入ってきました。案の定ハルヒのいる部屋に入りました」
 広志のトランスシーバーになぎさからの連絡が入る。
「了解、小田霧はまだか」
「先ほど別室に入りました。何人かの団体を引き連れていました。地場夫妻が中心です」
「了解、小田霧は確実に確保するように。まもなく伊達を向かわせる」
 広志は指示を出すと伊達に話す。
「あなたの苦労がようやく実を結んだな」
「何のことだか。小田霧の逮捕は確実なのに、一体」
「冥王せつなの事だ。隠したって私には分かります。ご婚約おめでとうございます」
 苦笑いする伊達。広志には隠してもバレている。広志は伊達のネクタイを見て悟ったのだ。
「事件が終わったら財前を証人に男のケジメをつけます。この前彼女の御両親に挨拶をしてきました」
「さて、悪党共の断末魔の叫び声を楽しもうとするか」
 近くには霞拳志郎がにやりとする。広志の策でロンの逃走が出来ないように松永さとみと松永みかげを配置しておいたのだ。 
「READの配置は完了したか」 
「配置完了、ミッションを開始して下さい」  

「手帳が見つかっておめでとうございます」
 涼宮ハルヒ議員からのシャンパンをロンは受けると一気にあおる。 
「盟友のツバロフにはグロリア社長の後始末を頼みました。これで何があっても万全です」 
「さすがロン会長ね。この前なんかあのクソ高野に奇襲されて困ったわ」 
「落ち着いて。あのラドリッチ先生に次期大統領になってもらえば万全です。後はユーロ議会を押さえておけば、私はツバロフ先生のおこぼれに預かれると来ましたからね」 
「あら、ロシアへの愛国心はどうしたの。サウザー先生が苦笑いするじゃない」 
「金の前にはそんなのも吹っ飛ぶでしょう。とにかく我らが同志サウザー先生を必ず次回の選挙で躍進させましょう」 
「フフフ、言えているわね」
 その会話を隣の部屋で呑、ユウキ、さくらが録音している。3人は手話で会話している。呑が苦々しい表情だ。 「最悪な奴らめ」 
「ハルヒの愛国心は悪党の最後の隠れ家だったわけですね」
 


「資本主義の豚に拍手を!!行くぜ、スターティングナンバーはこいつだ、デスペニス!!!」
 その瞬間グルーピーといわれる女性フーリガンが騒ぎ出す。中年男の上に乗ったクラウザーの声にグルーピーはすっかりメロメロだ。

入れてやる 俺の魔物入れてやる 今夜の生け贄入れてやる ドス黒い息子 ブチブチ込め ケツにも口にもブチブチ込め 鼻にも耳にも
 
「きらり、諦めるなよ」
 佐治が声をかける。無言でうなづくきらり。木林が鋭い目で言う。 
「俺もねぎっちょを助けにいく。あわてるなよ」
 ステージでは『悪い恋人』なる曲が流れている。

朝目が覚めるとキミがいて俺の両親焼いてたさクレイジーベイビー キミはそうさ悪い悪い俺の恋人さあ出かけよう オシャレ共殺(や)りにさチェーンソー片手 キミはハシャイでる人ゴミ切り裂き 行こうよあのお店おそろいの凶器 今日買う約束だから


 
「さあ、恐怖の人文字だぁ!脳内爆撃、~音楽安全神話崩壊~だぁ!!」
 カミュの一声で始まる人文字エールだ。DMC地獄の人文字といわれDMCのライブパフォーマンスの1つでジャギが"D"、クラウザーが"M"、カミュが"C"を担当しこれを見た全ての者は皆呪われるという。文字を表すのにジャギ以外は色々なパターンがある。即座にきらりが切り返す。 
「さぁ、行くわよ!!Go to Heaven!!」
 前のギャラリーは鷹介、吼太、鳴子、七海、フラビージョ、ウェンディーヌが煽っている。これで絶対の結束力を維持するのだ。リジェ、マンマルバ、サーガイン、チューズーボがDMCのフーリガンの中から調べて広志に連絡を入れる。 
「CEO、謎の4人がいます。うち一人はねぎっちょとそっくりです」 
「何、まさかあのヘルヴィタか。翼さんに合流要請する。待っているんだ」 
「了解!」
「最悪だな」
 小津勇がボヤく。 
「元々覚悟はありましたからね。翼さんなら流星パンチがありますからね」 
「ヒロ、フーリガン一人確保したぞ!あの放火犯だ!」 
「魁、後はしらみつぶしで頼むぞ」 
「ヒロ、俺達でも警官暴行犯を確保した!スタンバイはまだか」 
「蒔人さん、俺が奴らの看板にめがけてナイフを突き刺した後にお願いします。それまでには三悪人は検挙します」 
「分かったぜ。チーム天道はいつでも待ってるぜ」 
「後フーリガンは確実に挙げて下さい。翼さんがヘルヴィタに向かってます」 
「ヒロ、僕達もヘルヴィタ検挙に向かう。焦らないように頼む」
 ヒカルが話す。広志はうなづくといよいよロンの部屋に向かう。丈太郎、黒崎がそばにいる。  

「ロン会長、あの計画は失敗になりそうね」 
「仕方がないでしょう。次の手を考えましょう。そうそう、あのミラクルスポーツの再建で成功したキョンさんとの接触はどうですか」 
「全然駄目。喧嘩にべらぼうに強い阿久井弁護士が代理人になっていて弁護士以外の接触には二人の一致した許可が必要ですって」
 ハルヒはため息をつく。 
「いずれにせよ、マリンビール売却益はしっかり得ました。次の手を考えましょう」
 その時だ。黒い肌の猫がぬぅっと入ってきてロンとハルヒを見るなりうなりだした。ちなみにこの猫の種類はスコティッシュシュフォールドという。 
「一体どこから入ってみたのよ!?」 
「あんた達の悪事にクロすらも怒っているぜ。涼宮ハルヒ、あんた大したタマじゃん。愛国心を煽っておいて、マリンビール騙して、リブゲートから賄賂もらうじゃ話にならないぜ」
 入ってきたのは黒崎。氷柱がコピーした資料を突きつける。 
「あなた達はマリンビールのオーナーを騙して株式を盗んで、転売して利益を得た。最悪のシロサギよ」 
「まだまだ他にも悪事があるわけだ。お前達は悪のデパートというべきだな」
 険しい表情の広志が丈太郎と一緒だ。呑、ユウキ、さくらがテープのスイッチを入れる。 
『手帳が見つかっておめでとうございます』 
『盟友のツバロフにはグロリア社長の後始末を頼みました。これで何があっても万全です』 
「スパンダムとあなたは相当ズブズブな関係だったという事だ。でしょう!!」
 広志は鋭い声で顔色を変えた二人を睨みつけユウキが怒鳴りつける。今にも飛び出しそうな勢いをさくらがとめている。 
「あんた達が受け取った賄賂のために多くの人が殺されたんだ、その悔しさを何だと思ってんだよ!!」 
「愛国心は悪党の最後の隠れ家。あんたはそれを体現したにすぎないさ」 
「マーク・ロン、GIN設置法による公権力横領罪で逮捕する」 
「涼宮ハルヒ、GIN設置法による公権力贈賄罪で逮捕する」 
「引っ立てぃ!」
 呑と丈太郎の金色の手錠が二人に容赦なくかけられる。広志の声と同時に章太郎とモモタロスが連行していく。 
「無駄です、どうあがいても全ては動き出したのです」 
「ロン、貴様がいかに策を打っても俺達は貴様の野望を打ち砕く!」

 
「冥王せつなさんは生きています。それは確実です」
 小田霧響子は地場うさぎの前で言う。 
「どこで生きているんですか」 
「分かりません。ですが、彼女はある事情で隠されたのです」
 その時だ。ドアがそっと開くと五分刈りの男が入ってきた。ショートカットの女性と一緒だ。二人の目には怒りがある。 
「小田霧さん、あんたのお袋さんお元気ですかね」 
「誰よ、アンタは」 
「アンタに名乗る名前なんてないね」 
「覚醒剤や麻薬の取引をマネーロンダリングしたあんたのために、どれだけの人達が苦しめられたか、分かってんのかよ」
 男は伊達だった。なぎさが無言で金色の手錠をかける。 
「小田霧響子、薬物規制法及びGIN設置法による公権力横領罪の共犯で逮捕する」
 唖然とするうさぎたち。なぎさは小田霧を連行していく。伊達はGINの手帳を取り出す。 
「ご迷惑をおかけしました。GINの伊達竜英です」 
「小田霧はせつなさんの行方不明事件に関わっていたのですか」 
「察しの通り。冥王せつなは、政財界の闇に巻き込まれて命を狙われていた。そこを我々が保護しています」
「じゃあ、無事だったんですね!!」 
「そう言う事です。あと5日下さい。必ずあなた達を冥王さんと引き合わせます。それまでは私達が全力でお守りします」
 隣の部屋では物音がしている。ロン達が逮捕されたのだろう。 
「CEO、頼みます!!」
 
「なかなかやるな…」
 クラウザーの顔に焦りが見えている。 広志はそれをステージ裏で見抜くと、トランシーバーで指示を出す。 
「三宮紫穂、聞こえるか」 
「CEO、聞こえます」 
「ステージ裏に回った。ミッションを始める。奴らの看板が壊れたと同時に特強、ゴリラを送り込む。フーリガンどもを君達は検挙するように」 
「了解!明石薫にも伝えます。バンさんもスタンバってます!」
 
「ヘルズコロシアムでとどめを刺してくれるわ」
 クラウザーII世が焦っている。

「我想う、故に我あり 我殺る、故に我あり 我殺る、故に我殺り」「殺れ、殺られる前に皆殺れ 殺られ堕ちた地獄でもまた殺れ」
 
「そうはさせない!」
 その声と同時にナイフがDMCのロゴマークの看板をばっさりと断ち切る。ステージの奥から鋭い目つきの男が入ってくる。同時に魁達がステージに飛び込んでくる。 
「誰だ!」 
「公権力乱用査察監視機構、高野広志だ。ヨハン・クラウザー二世、いや、根岸。お前の悪夢をこの場で断ち切りに来た」
 フーリガンが駆け込もうとするが小学生3人が取り押さえる。 
「このチンカス野郎!」 
「カミュ、お前の空しいマスクもこの俺の前には通用はしない」
 厳しく迫るとピエロのマスクをはぎ取って鉄拳を放つ。カミュに襲いかかるのは日向咲。素早い身体能力でたちまち確保する。そして根岸の元に向かう広志。 
「表現者には特権と同時に、送り出したモノに対して責任が伴う。それを君は何と思うのかね…」 
「うう…」 
「今からでもやり直せる。この手で呪縛を断ち切る勇気を見せてくれ」
 根岸の手がカツラに移る。ずるりと引き下ろす。さらにタオルで化粧を落とす。 
「君達ファンにも言っておきたい。DMCを何も否定はしない。だが、送り出された結果犯罪が起きた事実から我々は毅然と対処する。音楽が犯罪を引き起こすなら、その心にこそブレーキを必要としているのを忘れないで欲しい」
 魁たちが広志の周囲をガードする。ファン達は落ち着き始めている。呆然としている根岸にジャックが手をやる。その顔にあった悪魔のような化粧を拭った。 
「もう一度、やり直そう。俺も間違っていた。ヒロのくれたチャンスを無駄には出来ないさ」 
「そうですよ。僕も協力します」
 佐治が促す。戸惑う根岸に駆け寄る最愛の人。カミュは愕然として倒れ込む。ジャキのそばに仲間達が駆け寄る。
--------彼も救われたな…。 
無言でステージを去っていく広志。
 

 その2日後、ヤマトテレビのワイドショー。 イヴァン・ニルギースプロデューサーの記者会見があった。 
「新たなレコード会社アクセスエンタテインメントの一員として、根岸と佐治による北欧系ポップスユニット『テトラポット・メロン・ティ」を迎え入れることになりました。ジャキwithエメラルドファイアと同時に売れるアーチストを迎え入れられて我々は幸いです」
 アクセスエンタテインメントはアイドルのシシーとクルーク、イヴァンが立ち上げた会社だ。元々は浪曲を中心にやっていた会社を買収し、デスレコードのスタッフとアーチストをスカウトしている。来月からは月島きらりとSHIPSがジャズに転向したジャック・イル・ダークと一緒に新たに加入する。 そのテレビの番組を見ながらサウザーは焦っていた。まさか、カミュがシルキーキャンディを服用しているとは思わなかった。彼は逮捕され、入手ルートを厳しく追及されている。
 -------ここまで迫ってくるとは…。誤算ではないか!
 ロンはハルヒや愛人と逮捕され、財前丈太郎副CEOが直々に取り調べているという。しかも、マードックは中華連邦通信とマリナーズモバイル、日動あおいフィナンシャルグループが共同で買収する事が決まり、ラグジュミテレコムに3社共同で資本参加することも決まった。ことごとく誤算ばかりだった。 こうなれば、スパンダムを始末してもらうしかない。
「だが、ツバロフに頼む事は強いロシアを認めたことになるな」
 ツバロフはあの戦争ですっかり弱体化したロシアをロンドンから苦々しい思いで見ていた。それ故に過激な行動に出ていた。
 

 一方、米軍横田基地から飛び立った飛行機に青年達の姿があった。一人はぼろぼろになっている。翼の流星パンチでボコボコにされたエドヴァルドだった。 
「クソッ、GINがここまで動くとは、誤算だった」 
「まあいいではないか。俺達はマクラーレン副大統領の命令で動くだけだ」
 シャーセは仲間達を落ち着かせる。次は香港にいよいよ移るのだ。それは、メビウスの本格始動を意味していた。ロシア軍崩れのテロリストを組み込んだサポートチームの始動はその証だった。ヘルヴィタと専属契約を交わしている武器商人のヴァレンティン・ズコフスキーがにやりとする。 
「タイガーの奪取に成功しました。ウルモフ将軍が今、広東人民共和国に売り込んでいます」 
「あらゆる無線妨害や電磁波による干渉から保護されたステルス機能、すなわち対電磁波装甲を施したNATOの最新鋭戦闘ヘリコプターか。それを広東人民共和国で作れば相当な戦力になる」 
「後はゴールデンアイの完全化だ。まさか国連とGINが組んでマトリックスを開発していたとは…。誤算だった」
「エミリー・ドーンとの交渉はどうだ」 
「ロード様とは上手く行っています。あのタイガーに加えて今、買収がまとまったオービタルリンクにあのプログラミングを組み込めば万事準備は完了です」 
「念には念を入れなさい」
 鋭い目つきの女が言う。ゼニア・ガラゼブナ・オナトップというロシア軍崩れのスナイパーだ。 
「ボリス・グリシェンコのプログラミングはどれぐらいかかる」 
「おおよそで3ヶ月。でも急がせなければ駄目ね。大物ハッカーですらも手こずるわけだから」


 一方、イギリスはロンドン、ヴォクスホール。 かつてのMI6、今は公権力乱用査察監視機構欧州本部の建物の一角で。
「嵐、まだまだ頼む!」
「何という無茶だ。少し休め」
 呆れ顔の毒島嵐を相手に天宮勇介は百本段取りを繰り広げていた。アシスタントのブッチーが諫める。
「勇介はん、スポーツ飲料のみなはったらどうでっか」
「東京本部からとんでもない情報が入ってきた。ヘルヴィタがユーロに戻ってくるらしい」
「天童さん、それは本当か!?」
 渋い表情の天童竜。この前、リエと挙式してようやく夫婦生活が始まろうとしたところに悪夢のメビウスだ。結城凱もようやく鹿鳴館香と婚約して挙式の日取りを相談しようとしていたときだったのでボヤく始末。
「グレイ、東京から支援は来るのか」
「高野CEOと財前、安西顧問と陣内が来るそうだ」
「財前さんのことだから何かぶっ飛び秘策を考えているんじゃないの」
 リエが岬めぐみにはなす。そのときだ。「ヘルヴィタのねらいが分かったぞ」
 コサック出身のチーフであるアレック・トレヴェルヤンが厳しい表情で入ってきた。
「ジャック・ウェイドの報告だがこの前、奪われたタイガーは広東人民共和国の軍需企業に運び込まれていた。既に分析は完了し、奴らは量産を開始した」
「アルカディー・グリゴリビッチ・ウルモフは広東人民共和国と接触していたのはその売り込みの可能性が高いわけですね」
 ジェームズ・ボンドが月形剣史にうなづく。コンピューター技術者のナターリア・シミョノヴァが言う。
「さらに深刻な情報が入ったわ。ヘルヴィタはどうやら、ゴールデンアイを入手したみたい。しかも、人工衛星まで入手したとの情報があるわ」
「では、ボリス・グリシェンコ誘拐事件はヘルヴィタの仕業ではないか!」 
「そう言う事になるな。最悪だぜ」
 凱は苦々しい表情で尾村豪にぼやく。もはや事態は一刻を争う。スパンダム確保は失敗が許されない。大原丈が走ってくる。 
「内通者達から確保できるチャンスが分かったぞ。ビアス先生が説得に入っているようだ」 
「本気で訴えた成果が実ったな、みんな」 
「ビアス先生を今度こそ助けるんだ」
 仲間達は厳しい表情でうなづいた。
 
 一方、イギリスの郊外にある空軍基地に降りたったコンコルド。そこから厳しい表情で降りたったのは広志達だった。スポーツカーに乗り込むとGIN本部へ向かう。これから12時間以内にスパンダムを確保しなければならないのだ。 だが、彼らを待ち受ける悲劇を誰もが予想しなかった。


作者 後書き  今回の話は007にもヒントを得ました。ただ、思うのですが表現者には表現の自由と同時にそれを発したことに対して生じた事態に対して責任を負う義務があります。だから、荒らし投稿を当ブログでは禁じています。 情けない話でため息をつきたくなりますね。アキハバラの事件以降、なんと福岡県で9歳の女児が殺人予告のいたずら書き込みをやらかしましたが、いかに責任を知らないかの現れでしょう。

Copyright Tetsu Ono 2008

DMC (C)若杉公徳・白泉社
蒼天の拳 (C)原哲夫・武論尊  NSP  
絶対可憐チルドレン (C)椎名高志  小学館 
007 (c) イアン・フレミング MGM・SonyPictures 
ゴッドサイダー・ゴッドサイダーセカンド (C)巻来功士 集英社・NSP 
ミキストリ‐太陽の死神‐  (C)巻来功士  集英社
魔神英雄伝ワタル (C)矢立肇/サンライズ
きらりん☆レボリューション (C)中原杏  小学館
ONEPIECE (C)尾田栄一郎  集英社
『二人はプリキュア』シリーズ (C)東堂いづみ・ABC・東映アニメーション  講談社
『スーパー戦隊』シリーズ (C)東映・東映エージェンシー
Get Ride! アムドライバー (C)スタジオディーン   
『仮面ライダー』シリーズ  (C)石ノ森章太郎
『バットマン』シリーズ (C)DCコミックス
アキハバラ@DEEP (C)石田衣良 文藝春秋
『涼宮ハルヒ』シリーズ (C)谷川流  角川書店
美少女戦士セーラームーン (C)武内直子 講談社
内閣権力犯罪強制取締官 財前丈太郎 (C)北芝健・渡辺保裕 
『フロントミッション』シリーズ 製作 株式会社スクウェアエニックス
『機動戦士ガンダム』シリーズ (C)日本サンライズ・創通エージェンシー
こどものおもちゃ (C)小花美穂   集英社
聖結晶アルバトロス  (C)若木民喜  小学館
特命 刑事 どん亀  (C)TBS・テレパック
クロサギ (c)夏原武・黒丸 小学館
ミラクルガールズ (C)秋本奈美 講談社
富豪刑事 (C)筒井康隆・テレビ朝日  角川書店
霊能力者小田霧響子の嘘  (C)甲斐谷忍  集英社
サイボーグ009 (C)石ノ森章太郎 秋田書店・角川書店・メディアファクトリー
それいけ!宇宙戦艦ヤマモトヨーコ (C)庄司卓 富士見書房・角川書店
HERO (C)フジテレビ 脚本:福田靖・大竹研・秦建日子・田辺満
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
Neutralizer
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
P R